つくる、あなたと。

つくる、いっしょに。

つくる、あしたを。

私たちは、あなたと、共考し、共創し、共動する“チーム”。

私たちは、コンサルタントではありません。自らも、中小企業にあって、正解のない課題ひとつひとつに、悩み、考え、
じぶんたちなりの答えを決め、試行し、ダメなら、振り出しに戻って、また考える、それを、ひとつひとつ積み重ねている日々にあります。だからこそ、わかることもあります。経験し乗り越えたことがあります。残念ながら、うまくいかなかった取り組みもあります。その経験を活かせれば、回り道せずに、前に進める。

さぁ、いっしょに、あしたへ。

私たちが、重要と捉える3つの視点。

3つの要素は、どれも中小企業にはなじまないと思われがちなものばかりです。
たとえば、グローバルなマーケットにリーチできる現在、ネームバリューが乏しい中小企業だからこそ、ブランディングは必要不可欠です。
また、DX(デジタルトランスフォーメーション)は、ただでさえ余裕のない人財を、付加価値を生む業務に活かすという視点で考え直すものです。
それぞれの持ち味を持ち寄って、足し算や掛け算で強い勝価値、新しい価値を提供できる連携(M&A)は、一昔前の後ろめたいものではなく、攻めの経営の一手です。

ブランド

ブランドを明示するということは、じぶんたちの強みや考え、大切にしていることを、広く伝える行為です。そして、それを具現する「デザイン」はもはや経営資産です。

業務改革

業務のルールや作業の流れを一度書き出し、重複や不要な遠回りなどに手を加えます。SaaSなどの「道具」をうまく組み入れ、人財が生み出す付加価値に重点化していきます。

企業連携

M&Aは仲介会社に依頼すれば高額な手数料が必要で資金に余裕のない企業にはかえって負担です。得意分野を持ち寄り、支援し合うような出会いと未来をつくっていきます。

クリエイティブ分野のキャリア、
企業経営の一員としてのキャリア、
培ったネットワーク。
あなたの、あしたに役立てたい。

Tearm:つくる(英文表記:tsucrew)
Staff:北口 景詞          
Contact:kitaguchi@tsucrew.com 

お問い合わせ

ブログ Curatous

好奇心のキュレーション。だからCuratous。ビジネスからコトバ、ガジェットまで。

Curatous